通信制苦学記録

大学通信教育課程の史学科でアタフタしてました

第8回ゼミ

なんだかんだで研究の方向性って変わってきちゃいますね。

手芸からジェンダーへ、科学・医学にアートが入り込む、そして民衆史的なものから旧藩や旧幕臣への注目。

月一とはいえ伴走者がいるのと、法政通教のトータル3回の指導(うち1回が対面指導)でそれ以外はひとりと比べると、充実度がやっぱり違うなあと感じます。もっとも、授業のコマ数や、指導する院生・学生の数が段違いだから仕方がないのだろうけと。

それはともかく、今後のスケジュールが判明しまして、修士ゼミは2年の11月までのようです。12月修論提出なんだから、そりゃそうか。つーか、あと1年か。

そして、研究レポート2の話も。と言っても、1と同様になりそうな感じ。それを見越して年末にさっさと書いてしまいましょうかね。

また修士論文の審査会ですが、我がゼミは非公開とのこと。来年度の参考にしたかったのだけど、残念。となると、いつメン+副査という感じになるのでしょうか。

ところで、今回の先生からのコメントで、「それは(タイムスパンを長く取るなりすれば)修士後のテーマとなり得るのではないか」というものがありました。それは私自身も調べている時にそう感じていたものではあるのですが、修士課程への進学は「怠惰の極みな人間性だから野良で研究はできない(できなかった)」という理由もあるので、もしやるとすれば外部でのD進になってしまうか。まあ、それは現実的ではないので、修了後ちゃんと野良でやって行く環境を作らないと……。

最速で次回の報告で1章分完結しそうなのですけど、それ以降のネタの仕込みがぜーんぜん。卒論でやっている範囲はまあ書けるだろうし、それを開陳しつつ裏で仕込み、というのが最善かも知れませんが、そちらをどうするかも考えつつの師走になりそうです。