通信制苦学記録

大学通信教育課程の史学科でアタフタしてました

第3回ゼミ

今週末はゼミでした。

私含めてまだまだ構成どうしましょうな段階ですが、芯はできてきたなという感じです。

今回は研究レポートの話が出てきましたが、うちは毎月のゼミでの報告の積み重ねを重視している。レポートはカリキュラムの都合上要求するものなので、最悪アレのアレをアレするで構わないから、研究を優先するように、という方針とのこと。個人的にアレはさすがにちょっとと思うので、それなりに執筆するつもりではありますが(あくまでそれなりに)。

ところで、ゼミは放送大でも本来ならば対面で行うもののようですが、コロナ禍のせいでオンライン化しています。ですが、今回は家庭の事情で帰省していましたので、オンライン化のおかげで穴を開けずに済みました。ゼミだけでなく、職場でも現場で他の作業をしながらミーティングに出られる訳ですし、パンデミックのお陰で一気にフューチャーって感じになりましたね。ありがたやありがたや。

【近況】

  • といってもアカデミック・スキルズの課題1つ目提出くらいですけど。
  • あ、学習センターにILLで史料複写をお願いしたんだ。本ではなくて書簡というイレギュラーな依頼なんだが、本部からの解答来ないな。もっとも、複写依頼先のHPには史料撮影に1月半かかるとあったので、その期間中であると思いたいところ。すぐ複写が来ないということは、誰も使っちゃいないのだろうな、これ。
  • 学習センターから1駅先の大学に施設だから、直接行けばよかった説もなくもない。
  • まあ、その史料を修論で使うかどうかは微妙な感じ。別個論文か研究ノートを書けそうなネタな気がするので。
  • あと、同日に法政図書館に籠ったくらいか。やっぱりあそこの書庫がホームやね。ところでその日は史学会開催日だったんだけど、申し込み忘れてた上にフォームの紙なくしちゃって。で、書庫でコピーしようとしたら人が結構長く使ってて。で、終わった頃合いに行ったら、使ってたのは……出席しなくてすんませんす(顔覚えてるかどうか知らんけど)。