通信制苦学記録

大学通信教育課程の史学科でアタフタしてました

研究レポートのオンライン提出化決定

色々届いた後にまたメールが届きまして、その中身が「こないだ送った研究レポートについての説明書きだけど、修士課程の方に博士課程用のものを送っちゃったかも知れないから、リンク先から落としてね」って奴でした。

実はちゃんと目を通してなかったのですが、幸い私のものは修士課程用でした。

ところで、『「研究指導」履修の手引』に研究レポートのオンライン提出化を検討中とありましたが、上記のペーパーによるとどうやら正式に決まったようですね。「教務課に送れ、って言ってるのに教員に送ってんじゃねーよ(無提出扱いドーン)」というトラブルが非常に多かったらしいのですが、これでそういうミスやその他郵送に関するトラブルなどが避けられそうでよいですね(学生には強く出るのに自分らはミスめっちゃ多いな、と小声でつぶやきつつ)。

提出方法などは後日だそうですが、一つ懸念点が。それはファイル形式。卒論で散々煮湯を飲まされ、今も仕事でイライラさせられているWordアンチ勢としては「.docxか.docで」と言われないかどうかなんですよね。最近のものはどうなっているかはこれから検証なんだけど、for Mac 2016は本当に酷かった……。

ちなみに私は物書堂の「egword universal 2」で駆け抜けたいと思うのですが、さてどうなることやら。一応word形式に変換は可能ですが、理系でLaTeXを使う人もいるだろうから、PDFかテキストデータでもOKになって欲しいところです。