通信制苦学記録

大学通信教育課程の史学科でアタフタしてました

初回科目登録と21年度2学期単位認定試験

『研究指導の手引き』をネタに更新しようと思ってたのに、単位認定試験の結果が出てしまっていたでござる。外は寒くてオミってるので、どうもやる気がでないのである。

で、単位認定試験を受けた2科目は無事◯Aで合格。これでコースワーク22単位到達なので、残りは研究指導8単位のみ……なんですけどねえ、上記の手引きだとか一緒に届いた授業科目案内もそうだけど、「アカデミック・スキルズを受けろ圧」がひしひしと感じられてですね。なので1単位余分に取ることにしました。

放送大学のオンライン授業はアカデミック・スキルズがお初となる訳ですけど、印刷教材が無いとか学籍がない人には「開かれていない」以外に放送授業+通信指導+単位認定試験とどう違うのか今ひとつわからない。通信指導はwebな科目もありますし、試験だってCBTになりますし。ただ、授業科目案内やYouTubeの科目紹介を見る限り、コース毎(あるいは指導教員毎?)に課題本が提示されるようで、そのようなきめ細やかな対応が取れるところが最大の違いだったりするのですかね。

ちなみにこの科目なんだか情報がない(レポート書いてない→出した→合格してました、程度)ので、後進たちの参考になるように書けたら書きます(書けなかったらごめんね)。