通信制苦学記録

大学通信教育課程の史学科でアタフタしてました

選科生2年目の現状と今後について

現状

2年目の修士選科生で、今学期は2科目履修中です。これらが合格すれば人文学を8単位修得することとなります。ちなみに両方とも今学期で閉講するものです。

 

来学期(2021年度1学期)

ペースを上げて3、4科目取ろうかと。ちなみに今のところ閉講予定がない科目です(閉講科目ハンターという汚名を返上)。うち1科目は現在聴講中で、さらに1科目はすでに聴講完了。ただ、後者は通信課題、単位認定試験共に他の文献にも当たって論じる必要のあります。

全く未着手な科目も、今のが終われば直ちに聴講開始するつもりです。

 

学習方法について

元々モグリみたいなスタート(「開かれた大学」なんだから、モグリもクソもないけど)なので、テキストは予め買い、履修登録から先行して学習する感じです。テキストの購入が必要なので、授業料が1000円引きになるとは言え、1科目につき2000〜3000円余分に支払うことになってしまいます。大学院科目で履修者が少ないこともあり、古本として出回ることはほとんどありませんし(人気の心理学プログラムだけは割と見かけますが)。この様な方法は、修得単位の少ない大学院だからこそできる手かもしれません。

 

あと授業をちゃんと聴いてます。

学部を含めていくつか授業を視聴・聴取したり、試験の過去問を確認したりしましたが、掲示板あたりでよく言われる様に、印刷教材だけで済ますことのできる科目はあります。ですが、講師が複数いる様な科目だと授業の方法も違ったりします。また印刷教材とほぼ変わらない科目であっても、それをわざわざ聴くことで、教材を読み進めるきっかけとなったり、あるいはペースメーカーとなったりしますので。これもまた科目数の少ないお陰でできることでしょうけど。

 

3年目はどうするか

まずは専科生受験ですが、できればいいのですけど、まだまだ色々と準備が足りないので、控えておきます。1次試験は大丈夫だと思うけど、その先がね……あとは研究を進めようにも、コロナ禍の影響をもろに蒙ってしまってますので。となると、再来年かね。

 

となると選科生継続になります。今学期と来学期の履修科目が全て合格となれば、人文学プログラムの修得単位数は14〜16となります。ここで問題になってくるのが、どのプログラムを専攻にするのか、です。

 

私のやろうとしていることは歴史学ですので、人文学の範疇です。また、戯作や狂歌のような文芸も関わってくるので、文学方面で指導を受けることになるかも知れません。さらにはくずし字読解力が無いので、ゼミなどでその辺指導して欲しい感もあり(そういうことをやってるのかどうかはわかりませんが)。

こうしてみると人文学ど真ん中であります。ですが、日本史の先生方は前近代が専門です(ただし、修論題目から近代以降も指導していただける模様)。

私のテーマは自由民権運動という近代史かつ政治運動・思想が大きなでテーマですので、ちゃんとやってなかった政治学からの指導を受ける必要性も感じている。となると社会経営科学プログラムの方がいいのでは、とも。

 

 ところで、永嶺重敏というメディア史研究者がいらしゃるのですけど、この方は近年人文学プログラムで修士を取得されまして、その論文の一部が『オッペケペー節と明治』(文春新書)になっています。それのあとがきに、指導教員がなんと佐藤良明(現名誉教授)であるとありました。佐藤先生については、トマス・ピンチョンの翻訳だったり、アメリカ文化のなかでもロックのようなカウンターカルチャーを論じていたりする方ですが、そんな人がオッペケペー節とは。

先程、文学方面で指導と書きましたけど、己が思っている(思い込んでいる)範疇から離れたところからの指導の可能性への期待を上記の話から抱いているが故に、人文学受験かなあ、と思っている次第です。

 

とはいえ、政治思想なども学ぶ必要はあることは変わらないので3年目は社会経営科学プログラムを中心に受講するつもりでいます。教育訓練給付制度を使いたいし。

教育訓練給付制度の利用について | 放送大学 - BSテレビ・ラジオで学ぶ通信制大学

 

次回更新について

この更新も発作的なものですので、少なくとも研究に入るまでは定期的にするつもりはありません。

次があるとすれば、また年末ですかね。

 

それでは。