通信制苦学記録

大学通信教育課程の史学科でアタフタしてました

卒論初稿完成(主に愚痴)(2018年1月9日追記)

タイトル通りっす。

 

「卒論は精神修養」と言われますが、確かにそうでしたね。具体的に言えば、Wordがゴミだとか、Wordがクズだとか、Wordのせいで日本語を歪めなきゃならんとか。

 

当初はMacで唯一まともに縦書論文を出力できると言っていいLaTeX(InDesignは?と言われそうだけど、注の動作はどうなん?)を使うつもりで、リポート作成を通じて勉強を重ね、パッケージのインストールなんかをしてきてたんですよね。けれども、様式指定を見たら、それがまったくの無駄に……。じゃあHagoromoを、と購入したんですけど、なぜか横方向に印刷してくれない!と言うわけで、消去法でWordとなってしまいましたが……。Windowsだと一太郎が候補に挙がったろうが、私はMacですから……卒論専用にWindowsマシンと一太郎を買った方がよかったかね。

 

Macで「B5・11pt・縦書・横方向・原稿用紙フォーマット」という指定を受けた場合のアドバイスとしては、まず原稿用紙フォーマットを、例えば下記から拾ってくること(私はフッターのアレは消した)。

 

文芸社オリジナル原稿用紙ダウンロード - 文芸社

 

Winユーザーからすれば意味不明なことでしょうが、なななんと、Word for Mac 2016には原稿用紙スタイルはございません。バカかよ。

ちなみに、上記のフォーマットはA4ですので、B5に合わせるためには、フォントサイズは13.5ptにするのがよろしいかと。これで縮小してもほぼ同じ文字サイズになるはずです(「くにがまえ」で測定した)。

 

※2018年1月9日追記

必ず提出用に使用するプリンターで試し刷りをして下さい!

私の場合、上記の確認はセブンイレブンのマルチコピー機で、提出用は学校のオンデマンドプリンターで出力したのですが、提出後に100%で印刷=文字サイズが13.5ptのままなのに気付きました。ああ……。

 

……結局縮小するなら「縦書きはA4しかなかった」と言ってインストールやめたLaTeXの原稿用紙パッケージで書けばよかったのでは?と今更……。

 

天地有情 [LaTeX] genkou --- 原稿用紙パッケージ

 

もっとも、図版が32個もあったり、縦書きと横書き(図番号と出展表記)の混在だとか、そもそもLaTeXでの図版の扱いにまったく慣れてない(特に今回縦書きだし)ので、今からやるにはかなりつらい。

 

という訳で、学習の集大成たる卒業論文が、入学以降最低最悪な代物になるのがほぼ確定しました(見た目の話)。

この4年間なんだったのか、つーか、そもそもこれで合格できるのか?などと不安になりつつも、与えられた環境でベストを尽くすために、校正・修正へと入って行きます(頭をリフレッシュするために、ちょっと休みますがね)。