通信制苦学記録

大学通信教育課程の史学科でアタフタしてました

成績更新(17/10/17)

やっとネタができた。

 
卒業論文

卒業論文事前指導3:登録(17/10/1付)

 

リポートも単修受験も必要無いのですが(と何度も書いてる割には単修後のアクセスがめちゃくちゃ多くて面白かった)、それはそれでメリハリがなくで気持ちが悪い。

 

※「卒論の進捗どうですか?」その1

 

ついこないだまで、史料をわざわざノートに写していたのですが、それをやめて必要そうな記事・投書をピックアップしてノートに貼るという方式に変えました、というか変えることがようやくできるようになりました。

主とする史料が雑誌なので「活字じゃん」と思われそうですが、変体仮名の活字やら異体字などの問題がありまして、さらには漢文もモリモリと。ノートにわざわざ写してたのは、それらを現代仮名遣いや新字体、読み下し文に直す作業を兼ねたものだったのです。もっとも、そのままでも察しがつくようになったら不要な作業でもありまして、ようやくその域に入ったという話。もっとも「このペースじゃヤバイ」ってのも大きいんですがね。

 

あと、基本知識の足りなさを実感して、色々と文献に手を出してたりします。私も一応勤め人ですから、仕事の片手間にリポートを書いて単修を受けてた訳でして、どうしてもそちらの方が最優先となってしまい、それに必要なもの以外の文献に手が出せませんでした。要するにそのツケを今払ってるということですね(白眼)