通信制苦学記録

大学通信教育課程の史学科でアタフタしてます

西洋史特講(キリスト教史)[2016]第2回(1)再々提出リポート結果

前期の締めということで急いで添削してもらえたのかな。ありがたいやら申し訳ないやら。

 

設題2(1):A
リポート受付:17/7/21
Web成績登録:17/8/9
リポート返却:17/8/10

 

という訳で、リポート4設題オールAとなりました。ひょっとするとB以下は不合格にしているのかも知れませんが。

 

講評ですが、「イエスが洗礼者ヨハネを否定していたことは伝わるが、イエスが被差別者を共同体へ復帰させようとした思想は何だったのか」がまだ十分提示されていないとのこと。そして「聖書と参考文献を照らしながら、さらなる学習を期待したい」と。もっとも、すでに単修も合格しているので、残念ながらこれで縁が切れてしまう訳ですが。

あと、何でか聖書記事の引用箇所の指示がやたら間違ってた。

ところで何気にうれしいのが、リポート全体を通じて「自分の言葉で表現できている」と評価されていること。実は「自分の言葉」という概念がまだつかめてなかったりしますが、こう言ってもらえると自信が出ます。

 

キリスト教史は、リポートは全2回4設題、単修も2問なので、他の史学科ブロガーで受講する方を見かけません。ですが、キリスト教徒でもない限り聖書を読もうとすることはほとんどないと思われるので、この科目の受講が読むいいきっかけとなるのではないでしょうか。

 

しかし、4設題は当たり前ですが時間かかりますね。早めの卒業を目指す場合だと取らないか、あるいは2科目あるうちのどちらかだけになってしまうのではないでしょうか。けれども、2004年(確か)のカリキュラム変更以前は2単位2設題・4単位4設題だったという話ですから、その頃に4年あるいは2年で卒業できた方ってすごいよなぁ、と心から思う次第(実は某選択必修と某時代史通信学習の担当の先生がそうだったりするのだけど)。

ですけど、学ばせる側からすればカバーできる範囲が広いことを意味しますし、また学ぶ側も広範な知識を得ることができますし、卒業難易度が劇的に上がること以外は悪くないんじゃないかなと感じるのですが、そりゃお前はクリアしたからだろ、と思われるんだろうな。

 

4設題のもう片方であるアメリカ史も取りたかったし、実は2月から4月頃まで週一テキストを読んだりしてたのですけど、結局卒業後に独習することにしました。指導は受けられないのが残念ですが……地理学科の科目履修生になれは受けられるっぽいですけどね。