通信制苦学記録

大学通信教育課程の史学科でアタフタしてます

旧・日本史特講(日本仏教史)[2017]リポート再提出

来週やる予定だったのだが、さっさと書いて出しちゃいました。

でも、郵送してから(しまった……)と思うところ多し。再々提出の覚悟。

 

設題1は前回の講評通り⑴事跡、⑵思想(著作と他の禅宗と比較したときの特異点)、⑶位置付け、という構成に。こちらは評価はともかく不合格はないんじゃなんじゃないかと。

 

設題2は⑴幕府・藩による仏教統制策、⑵戦国末から不受不施派の寺請禁止までの日蓮宗の動向、⑶近世仏教の特質についての考察、という構成。

構成については大丈夫でしょうが、今回一から書いた⑴と⑶がどう評価されるのか。⑴は⑵に対応する政策をピックアップして書きましたが、「◯◯についても触れて欲しかった」みたいな感じなことを言われそうで……。そして⑶は、講評通りの考察できてないような気が今更してきまして……なんだか失敗した感が。だけども、恐らくこれ以上のものは実力的に現時点で書けないので、まぁ祈るしかないですね。