通信制苦学記録

大学通信教育課程の史学科でアタフタしてます

夏期スクーリング予備登録結果

一応予備登録してました。

 

・夏期スクーリング予備登録

  • 歴史資料学(近世):不許可

 

歴史資料学は「2年次から計6回受講できます」とは言うけれどもねぇ……3回予備登録中許可が下りたのは昨年の秋スク1回のみだ。

 

これで日本史史料系の講義(通信の日本古文書学、スクーリングの歴史資料学の近世・近代)コンプリートは不可能に。とても残念。

 

さてこれで夏スク受講科目問題がさらに深刻に。

 

  • 史学演習(日本):昨年受講。評価はともかく、満足いかない出来であったので、そのリベンジ。とは言え、長井先生分は史料を変えてくるだろうけど、同じものを受けるのは不毛だよねぇ。
  • 史学演習(東洋):これはこれで面白そうではあるが、日本史以上に予習がハードだろうねぇ。
  • 史学演習(西洋):古代史だろうなぁ……知識的に厳しい。興味も……実際やりゃ面白いのは他の科目でもそうだったし。
  • 講義モノ:もう2単位を通信で取らなければならないのが時間的にね。
  • 語学:卒業単位にならないが自己啓発で。予習復習がヤバい。

 

ネックなのは卒論第二次指導。最悪時間が授業と被るし、そうでなくても予習復習に支障をきたす恐れがある。それも考慮して科目選びをしなければ。

 

  • 受けない:スクーリング必修単位数はすでに満たしてますし。二次指導の週に夏休みを取って、指導の準備に費やす……って絶対寝てばかりだ。