読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通信制苦学記録

大学通信教育課程の史学科でアタフタしてます

旧・日本史特講(日本仏教史)[2017]リポート返却

単修はそれなりに書けたがリポートは再提出。

 

 

設題1(1):D

設題2(1):D
リポート受付:17/4/17
Web成績登録:17/5/10
リポート返却:17/5/12

 

再提出理由はいたって明瞭。「素直さが足りない」。

どういうことかというと、設題総覧の注意事項通りの構成にしなさい、すなわち「○○と××を紹介したうえで、△△を論じなさい」とあるけど、それを素直に解釈して構成を作らなければならなかった訳でした。つまり、(1)○○(2)××(3)△△としておかなければならない。

当たり前といえば当たり前ですが、私の場合設題2については「日蓮宗不受不施派を通じて幕府・藩による宗教統制政策を見る」という風にしちゃいまして。設題1はイントロダクションで鎌倉新仏教と日本の禅宗の先駆者について述べたのですが、「一般論は必要ない」と。設題1・2で構成の組み立てが逆だったらよかったのかな、と。

 

再リポートについては、設題1は削るところを削り、構成を変えて考察を増やす程度で大丈夫っぽいけど、設題2は宗教統制政策について述べなければならない上に、ほぼ全編に渡った不受不施派についての記述を圧縮しなければならず、場合によっては本の借り直しが必要かも知れず厄介。

新規リポートやりつつ、それに飽きたらやるみたいな感じでぼちぼちと進めましょうか。