読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通信制苦学記録

大学通信教育課程の史学科でアタフタしてます

夏期スクーリング受講科目問題

夏期スクーリングの時間割や担当講師、そして予備登録科目のシラバスが判明しましたね。

 

目を引くのが史学演習(西洋)が後藤先生の担当なところ。通信のスクーリングでは全然見ない名前(卒論一般指導は受けましたけど)だから驚いた。でも、内容が古代なのは変わらないのか。

 

今年新設の日本古代史ですが……昨年までの仏教史から科目名が変わっただけっぽいですね。だけど、史学科専門科目になってしまったため地理学科の人が受講できなくなった模様。古代の朝廷と仏教との関係からすれば、古代史でも仏教史でもどっちでもいいのかも知れない。

 

あとは例年通りですね。

 

ところで毎度思うのが、シラバスは全科目一斉に出して欲しいというもの。予備登録科目と本登録のみの科目、どちらを取ろうかと迷った時、本来決め手となるのは授業内容な訳だけど、今の予備登録科目だけを先に公開するやり方だと、「とりあえず予備登録で許可が出たけど、後から公開された科目の方が良かった」だとか、逆に「予備登録は結局しなかったけど、本登録のみの科目の内容が思っていたのと違って後悔」という風になっちゃいますよね。という訳で、ただいまそういう悩みを抱いています。さて、どうしたもんかね。