読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通信制苦学記録

大学通信教育課程の史学科でアタフタしてます

旧・日本史特講(日本仏教史)[2017]リポート提出

計画から1年遅れで日本仏教史のリポートを提出。訳あって週末が使えない中、月曜日の期限までにリポート完成できるかどうか微妙でしたが、何とかでっち上げられました。

 

設題は、第1回が鎌倉時代から室町時代の僧を1人取り上げて、その思想と行動を説明するもの。

今回は道元で書いてみました。「禅=日本の心」的ステレオタイプがありますが、当方そもそも禅について全く不勉強だったので、いい機会だと思い選択した次第。

参考文献に挙げられている、『日本の名僧 道元』のサブタイトルに「孤高」とある通り、曹洞宗=道元の仏法では決して無いようですね(クレーム付きそうだけど、個人的な感想なもんで)。何となくですが、現代日本では同じ禅でも、道元的な修行主義、無所得思想(悟りなど見返りを求めない)よりも、生活全般から悟りを見出す臨済禅的色彩が強いような気がします。

あと、『正法眼蔵』が和語で書かれた理由は、英語公用語化とかほざいている意識の高い方々へのカウンターとして使えそう(使わんけど)。

 

第2回は、近世における仏教統制を、ある人物や集団を通じて説明するもの。

ここでは、近世史の概説書に出てくるがよくわからなかった日蓮宗不受不施派で書きました。

Twitterには日蓮みたいな人が多いですが、日蓮宗は戦国期に浄土真宗道元的な並んで強大化した宗派だと言う話(出だし関係ねえ)。しかし、織豊政権江戸幕府のような統一政権が現れた時、それに対しどう対応するのかで宗派を二分する論争となり、不受不施(法華経信者以外からの布施を受けないし、しない)という反権力的と捉えられかねない伝統的思想を保持し続けた派閥が不受不施派、とのこと。

一方統一政権側も、京都にはびこる日蓮宗をどうにかしないとならず。そこで織田信長が用いたのが「宗論」。比叡山一向一揆など、宗教勢力に対して軍事力を用いたのに対し穏やかに見えますが、宗論に負けると坊主失格みたいな扱いになり、流罪に処せられたりしますから、これはこれで大変ではあります。この宗論の利用は、徳川家康、そして江戸幕府でも見られ、それを通じて不受不施派は追い込まれて行き、最終的には寺請禁止、つまり禁教化されたのであります。

不受不施派について調べていますと、身延久遠寺が悪役に見えてきますが、当時のすべての宗教・信仰の共通課題である、「教団の護持」のためには仕方がない面があるし、その点からの受派転じた日蓮宗の評価の見直しが近年の流れのようです。

ところで、辻善之助の「葬式仏教論」と、それに付随した「体制に迎合し堕落した」という近世仏教への評価は世間的にも未だに強い影響を持っていますが、仏教史学界ではそれに対する批判と、近世仏教の再評価が行われているようです。もっとも、こういうのは、仏教史家が僧侶も兼ねていることが多いこともあり、自己弁護的にも見えてしまいますが。

 

話は変わってテキストについて。この科目は今年度からテキストが通教テキストから指定市販本に変更になりましたが、私は両方使いました(つまり旧/指で言えば旧で出したことになります)。

 

・旧テキスト

大きな特徴としては、「仏教ジェンダー」という視点が強いこと。例えば今回テーマにした道元についての記述は、ほぼ深草時代の女人往生論なんかに費やされてたりします(つまり旧テキストで道元について書こうとすると、参考文献中心となってしまう)。

設題1に関しては、笠原氏が浄土真宗が専門ということもあり、親鸞についての記述に結構頁を割いています。

設題2については、「かくれ○○」すなわち地下信仰についてが中心です。ただし、近年見直しが図られている、「葬式仏教論」の影響下なので、気をつけた方がいいかも知れない。どうでもいいけど、辻は日本で最も影響力を持っている歴史家なのかも知れない。

 

・新テキスト

シラバスにある通り、「学」と「行」を中心とした記述であり、思想について問う設題1はともかく、仏教統制について問うている設題2には厳しい印象。不受不施派については、禁教となった宗派として出てくるものの、それが何なのかという記述は一切無しなので、スタディガイドの補足を参照しつつ読むのがいいと思います。

余談ですが、参考文献に中世史の大塚先生の著作が挙げられてます。そう言えば仏教史の人でしたね。

 

・スタディガイド

新テキストに出てくる語句の補足説明が中心。あと、仏教史の概説書の紹介があるので、その手の卒論を目論んでいる人は参考になるのかな。

 

今回のリポートの出来は、設題2があんまりよろしくない気がします。まあ、でも今年度受講する科目数は少ないのだから、再提出でも何とかなる(はず)。

 

単修は2問出題。担当の岡野先生が兼任されている日本思想史同様、後半に行くほど問題が絞られて行く系と見てますが、今年はどうだか。さて、いつ受験するかねぇ。

 

※この余談を読んでいるキミはロックだ!(字数は上記まででリポート1通くらいだよ)

他所のブログで「リポート結果出た」という記事が散見されますが、私は未だ3月23日です。リポート添削が終わってないにしても、4月の単修登録はしてるのだから、それが反映されてもいいはずなんだが。謎。