通信制苦学記録

大学通信教育課程の史学科でアタフタしてます

東洋史特講(中国思想史)[2016]第2回リポート再々提出

昨日記事にしたキリスト教史のリポートと一緒に、単修落としまくってる中国思想史のリポートの再々提出もしました。

リポートは1科目につき年3回提出ができますので、今回が今年度の限度ということになります。再々提出はこれが初めてです(再提出でバツ食らったことはありますが、単修合格にもかかわらず履修放棄状態)。

 

で、内容ですが、全部書き直しました。なので、添削も一からになりかねないのが恐ろしい。

取り扱った作品は以前と変わらず『水滸伝』で、「各回本がどのように成立したのか」に絞って記述しました。もっとも、一から書き直すのなら、同じ明代であれば「四大奇書」について広く浅くの方が良かったのでは、と今更思ったりもしました。

 

ついでに5度目の試験勉強ですが、ヤマを張らずが理想ではありますが、かといって全部やれる訳でもないので、今年度未出題の章の、すべての節(昨年度出題箇所も含む)のノートを作りました。来週はそれをひたすら読み返そうかと思います……って出題済みの章から出してきそうな予感も。だって、ずっとこっちの予想を尽く外して来たんだから……どうしたもんかね。