読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通信制苦学記録

大学通信教育課程の史学科でアタフタしてます

日本近代史[2016]リポート提出

リポート 史学科専門科目(日本史)

昨日の22時半ごろまでは来月提出するつもりだった日本近代史のリポートを今朝郵送しました(睡眠時間2時間45分)。今月のリポート期限は明日なのだが、川崎区から千代田区富士見ならば、本日回収分ならば翌日届くらしいけど……大丈夫かね。

 

さて、これでようやく4単位必修である日本史分野科目を提出となった訳ですかが、勉強自体は昨年末に通教テキストの書籍版を借りて以来、設題総覧を見るまではリポート設題から外れた3章をずっと読んでいたりだとか、他の科目や単修対策を優先したりだとかで、中断や停滞はしつつも、ずっと手をつけていた訳で、それを考慮すると、すでに2学期4単位分の時間は経過しているのではないかと。もっとも、時間をかけてりゃいい訳でもないのですが。

 

リポート作成は9月にキリスト教史の分を提出してから本格化。時期が被る経済史Bとともに、今月頭の単修対策を挟みつつだから、大体一月かけたことになります。経済史Bの方はイマイチだったと述べたと思いますが、こちらの方はそこそこ書けたと思います。第1回の内政は政府内の権力争いに軸足を置き過ぎたかなと思いますが、第2回の外政の方は、全ての材料がピタッと収まった感じ。この感覚はしばらく無かったような。とはいえ、自分ではいいと思っても、ケチョンケチョンに貶されて返ってくることが日常茶飯事な通信教育。さて、どうなりますかね……。