読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通信制苦学記録

大学通信教育課程の史学科でアタフタしてます

成績更新(2016/9/22)

成績 雑談

10月の単修が登録されてました。

ここのところ思い悩んでばかりなんですが、キリスト教史の勉強していたらイエスが「思い悩むな」と。そうは言われましてもね……。

 

さて、今朝このような記事を読みました。

 

我妻榮先生の勉強法 | 弁護士法人岩田法律事務所

 

我妻榮氏は大学通信教育課程自体の設置とも深く関わっています。その辺の事情は学校史や『働きつつ学びつつ』を見ていただく(市ヶ谷の書庫にあります)として、氏の勉強法から「なぜ大学通信教育の設置と深く関わったのか」が伺えます。要するに「テキストを配布し読ませる」形の学習方法の効果について確信を持っていたからではないか、ということです。もしそうだとすると、「通信学習には果たして効果はあるのか?」という問いに対する一つの回答は、氏の勉強法にあると言えるかもしれません。

 

※もっとも現状は「1冊のテキストにこだわらず多読しろ」という指導が主流になってしまってますが、その辺は本や情報の流通の整備のお陰でしょう。