読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通信制苦学記録

大学通信教育課程の史学科でアタフタしてます

ちんたら「日本近代史」

史学科専門科目(日本史) 学習計画

一昨日の成績更新で4年への進級要件(1.年間8単位修得、2.総修得単位数40単位以上、3.スクーリング修得単位数10単位以上)を満たしてしまったので、いい加減卒業論文について真剣に考えないとなりません。

 

今の所卒論は日本近代史の範疇で考えてます。ですから、日本史専門科目の日本近代史は受講しておかないと格好がつかないですから。

 

日本近代史の学習は、実は昨年末頃からちんたらやってたりします。テキストが通教テキストなので、配本されるまでは図書館の長期貸出を利用してました。

 

通読はすでに終わっていて、今年度の設題判明までは3章、以降は2章を読んでます。ただし、いつものリポート学習とは違い、週一1時間程度(さる事情で)、他のリポートや試験のことは忘れて、本当にゆっくりねっとりとノートを取りつつ、という形ですが。

 

リポートは夏スク前後辺りに完成させたいと思うので、次のリポートができたらリポート範囲内だけですがペースアップをしないとなりません。けれども、それが終わっても、近代史の知識を蓄えるために、元のように読み続けようと思います。

 

ところで、日本の各時代史は、留年でもしない限りこれだけの受講になってしまうと思います。本当ならば日本史をやるのならば全部取るべきなんでしょうけど、通教は「専攻がない」ので、その自由さを享受する方向で科目を取って行く方針です。もっとも、自分なりの方針はある訳ですが、それは別の機会にでも。