読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通信制苦学記録

大学通信教育課程の史学科でアタフタしてます

成績更新(16/6/7)

単位修得試験 史学科専門科目(東洋史) 学内施設利用 史学科専門科目(西洋史) スクーリング

5月受験の単修の結果が出てました。

第2回単位修得試験

東洋史特講(中国近世史):A+

 

オールA+は3回目(4単位だと2回目)。ありがてぇ。

論述の最後の最後で大ポカかましていて、採点中にズッコケさせたかと思いますが、そこは大目に見てもらえたようです。

いわゆる「要点を押さえた」書き方だと、どうしてもその文の長さに不安を覚えて、知っていることをぶち込んで行くスタイルだと、今度は余計なことを書いて減点されかねなく……難しい(だけど、答えが明確に決まっている記述式や選択式よりかは遥かに好きですが)。

ちなみに私は後者なのですが、理由は「答案用紙の白紙部分が少ないほど評価が高い」という経験則からです。

さて、今週末はロシア史1の受験。試験勉強にあたり、試験範囲の「と」が曲者であるなぁ、という感じです。それが"and"なのか"or"なのか……どうなることやら。

 

※余談

前期週末スクーリングの受講許可証が届きました。

今回は珍しく55・58年館で開催。解体工事前の思い出作りでもさせたい思惑なんでしょうかね。せっかくならマスプロ授業の象徴な511でなんかやって欲しいね、夏スクにでも。

そういえば、富士見ゲートは8月に完成という話なんですが、これによる夏期スクーリングへの影響も気になるところ(食堂の営業だとか)。