読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通信制苦学記録

大学通信教育課程の史学科でアタフタしてます

GWスクーリング終了

ウェーイwwwwwwオツカレーwwwwwwwwwww

 

……とはならないのがカレンダー通り勤務通信制苦学生。本日も出勤日です。2日も出勤したから、連休は無いも同然なことになりますね。早く夕方になればええのに。

さて、今回受講したのは経済学特講。スクーリング修得単位はこれが合格であれば22単位になります。

内容はゲーム理論の入り口で、例えば「企業は学生をどう評価し賃金を決めるのか」の解説など、大変興味深かった一方で、こう言う数理モデルは計算に慣れてないと厳しいな、というのが感想。講義で講師がほいほい解いてたものが、「なぜそうなるのか」が解らず、復習時間がそれに取られてしまい、総合的にできなかったのが痛かった。試験も問題が多く、時間足らずで出来はいまいち。落ちはしないとは思いますが……程度な感じ。

今回に限らず、計算を伴うものは、とにかくゴリゴリと書いて勉強するのが王道だと思ってるのですけど、今回のような集中講義だとそのような時間が取れず。集中講義の悪い点が出たような気がします(あくまで私のような不得意な人間にとってです)。もっとも、計算は「どこが解らないのか」が明確なので、法律学の時のように「解ってたつもり」が無くて復習がやりやすいと言えばやりやすかったのですけど……とにかく時間が。

内容が面白かっただけに、期間の短いGWでなくて、週末のような復習時間が取れる形式での開催がよかったなぁ。その意味ではもったい無かったかな。まあ、これを踏み台に独学もアリかな。

さて、今後のスクーリングに関しては、アクシデントがあり、今年の冬は受講できない見込み。なので、本当は嫌いな1日4コマ×3日形式を受けざるを得ない感じです。それらは当然他学部公開科目ですから、これで秋の歴史資料学(これもスケジュール的につらいのだけど、無理せざるを得ない)が受講できなかったとなると……何をしに入学したのか、という状態になりそうで。長居する前提なら急がなくてもいいのだろうけど、そういう訳にも行かないので……。

通信制苦学生はつらいよ。嗚呼