通信制苦学記録

大学通信教育課程の史学科でアタフタしてます

年間利用ユーザID覚書

年間利用ユーザIDとは、(最近ニュースになってしまった)学内LANや、学内コンピュータの利用、学外でのデータベースの利用などの、情報システムを利用するためのもので、通教生は年6000円の単年度更新となってます。ただし、学部生とは違い、Office 365の提供はありません(残念)。

申込ですが、まずは登録料を振り込み、Web学習サービスから申請(振込日か振込予定日の記入が必要)、そして事務の振込確認後1週間程度で利用できます。しかし、利用開始のお知らせなどは一切ありません。なので、振込日の1週間後辺りに自分でログインしてみる必要があります。ちなみに私はお知らせが来るもんだと思って1ヶ月近く待ちぼうけしてしまいました(事務に問い合わせてすでに利用可能なことが判明)。

コンピュータを利用するスクーリングの時に申し込んでしまうケースが多いらしいですが(私もその口)、そのような場合ゲストIDが発行されるので、基本的には必要無いです。しかし、ゲストID利用者にログイントラブルが起きている(起こしたのかも知れませんが)のを目の当たりにしてるので、保険として申し込んでおくのも手かもですね。またそのようなスクーリングだと必ず課題ファイルを提出することとなると思いますが、USBメモリだけでなく、提供されるGドライブにもバックアップしておくのが吉。

あと、個人的によく使うのがオンデマンド・プリンタですね。
リポート作成、出力、提出という流れで麹町台地を上り下りしてましたが、その必要が無くなり、提出以外は図書館内で完結するようになりました。

そんな訳で、個人的には学校に行くことが多い人は申し込んでおいてもいいんじゃ無いかな、と思います。