通信制苦学記録

大学通信教育課程の史学科でアタフタしてます

日本史特講(日本思想史)[2017]リポート提出

恐らく最後の新規提出科目は日本思想史でした。

 

古文書学を終えてから取り掛かったのですけど、仏教史と被るところがあるので同時並行に。しかし、設題がこちらはぼんやり、あちらははっきりとしてたこともあり、仏教史を優先してしまい、そちらが終わった後もこちらはどう書けばいいのかと悩んだりだとか、単修なんかもあって、かなり時間がかかってしまった。

どうしてこうなったのか……「本を読む順番を誤ったから」と参考文献に挙げられている一冊を読みながら気付いた次第。嗚呼。

 

佐藤弘夫編『概説日本思想史』

指定テキスト。先史からJリーグブームの頃までの記述でとても分厚いが、割とすいすい読める方かと思います。古代史や中世史の概説書などとセットで読めばいい感じっぽいし、逆にこれを読んで古代史・中世史をやると相乗効果がありそう。しかし、この本の問題ではないのだけど、「設題にどう答えるか」というビジョンが今ひとつ見えてこなかった。

 

苅部直他編『日本思想史講座』

参考文献指定されているのは1(古代)と2(中世)ですが、3(近世)も読みましたし、5(方法)にも各宗教や思想の「ガイダンス」(概説)があり、参考文献として使うかどうかはともかく、そちらも読んでおいてもいいのではと。

 

・今井淳・小澤富夫編『日本思想論争史』

思想史上の論争というコンセプトでありますが、これよ最後に読んでようやく設題にどう答えるかが見えました。ってかテキストの次に読んでおけばこんな苦戦することなかったのでは……。

 

という訳で、この科目の学習の進め方としては、

 

  1. テキストを通読
  2. 設題を意識しながら『日本思想論争史』を読む
  3. 2で得られた論点を意識してテキストに戻る
  4. 参考文献類を読み肉付けして行く

 

という感じにすれば良かったのかな、と今更思いました。

 

ちなみに一発合格は……以上のように、うすらぼんやりと書いたので、できればいいなという感じです。

 

旧・日本史特講(日本仏教史)[2017]リポート再提出

来週やる予定だったのだが、さっさと書いて出しちゃいました。

でも、郵送してから(しまった……)と思うところ多し。再々提出の覚悟。

 

設題1は前回の講評通り⑴事跡、⑵思想(著作と他の禅宗と比較したときの特異点)、⑶位置付け、という構成に。こちらは評価はともかく不合格はないんじゃなんじゃないかと。

 

設題2は⑴幕府・藩による仏教統制策、⑵戦国末から不受不施派の寺請禁止までの日蓮宗の動向、⑶近世仏教の特質についての考察、という構成。

構成については大丈夫でしょうが、今回一から書いた⑴と⑶がどう評価されるのか。⑴は⑵に対応する政策をピックアップして書きましたが、「◯◯についても触れて欲しかった」みたいな感じなことを言われそうで……。そして⑶は、講評通りの考察できてないような気が今更してきまして……なんだか失敗した感が。だけども、恐らくこれ以上のものは実力的に現時点で書けないので、まぁ祈るしかないですね。

成績更新(17/6/16)

成績更新でしたが、5月の単修結果はすでに出ていて、6月のが出るはずもなく、大阪市スクーリングにも出てませんのし、リポートも提出してませんから、何の変化もありません。

 

本日はリポートの入力を、新規履修科目2設題分と、仏教史の再提出分2設題分とを行いました。

まだ締切まで余裕があるので、少し寝かせてから読み返して手直しする、という感じで行けそうです。事故さえなければ7月単修に出席できそうです。

で、結局夏期スクーリングはどうしたかと言うと

夏期スクーリングの本登録は昨日まででした。

 

今回は結局「何も取らない」ことにしました。

 

理由としてはリポートや卒論の進み具合が思わしくないこと(原因は自業自得)や、書籍費・交通費等にお金がかかっていることです。それに、もうスクーリング必修30単位はもう取ってますし、身体的にもつらい夏スクを無理に行く必要は無いなぁ、と。

 

もっとも、卒業論文第2次指導登録はしましたので、不受理とならなければ期間中1日だけ学校に赴きますけどね。

 

それを踏まえて今後の計画。

 

  • 6月21日までに:新規履修リポート作成・提出(ようやく何を書くべきかが見えてきた状況)
  • 6月末まで:仏教史の再リポートと単修の模擬答案作成
  • 7月:卒論指導用レジュメの作成と単修模擬解答の暗記
  • 2次指導後:キリスト教史と、6・7月提出分で再提出となったもの(それが無ければ科学史)の再リポート作成
  • 9月:3次指導書と再提出リポートの作成、あれば単修の勉強
  • 10〜12月:卒論と、あれば単修・再提出リポート
  • 9月以降リポ単が無ければ、お遊びで何かやるかも

 

と、こんな感じか。

早く卒論に集中できる状況になればいいのだがなぁ。

 

2017年度第3回単位修得試験

今回は棄権して問題冊子回収のつもりでしたが、結局解答してしまいました。

 

今まで「問題冊子回収用」としていた科目は、指1・英語2(つまり旧い、全部英語なやつ)でした。外国語科目の単位はすでに満たしているのですけど、担当教員に散々手を煩わせた(=棄権)のと、テキストが面白いこと、そして英語3がC合格なのでそれが悔しかったのもあって、どこかできちんとケジメをつける(=解答する)つもりでして、それが今回になったのです。

 

今回翻意して解答したのは、7月単修受付期限までに苦戦中のリポートを完成させるための背水の陣を敷くため。もう問題冊子回収だけのための受験登録はできないぞ、と。と言う訳でリポート完成させるぞ!

 

……予想というか希望はB以上。英語3を上回らないと意味がないどころか余計評価を下げるんだよなぁ。

成績更新(17/6/7)

5月単修の結果が出た。

 

・第2回単位修得試験

  • (旧)日本史特講(日本仏教史):A*

 

こんなもんでしょう。

旧テキストだけでなく、新テキストやら別の文献の要素も取り入れた解答だったのですけど、それは良かったのか悪かったのか。

再提出リポートですが、手書きの草稿はできているのですが、清書する気力が最近なくてですね……まぁ、そのうち。

 

ところで、現在新規履修科目のリポート作成を目指してますが、3月から、仏教史のリポート作成や2度の単修受験勉強などの中断を挟んでずっとやってますけど、どうもうまく書ける気がしない。単修自体はすでに卒業要件を満たす分だけ合格してますので、評価さえ気にしなければリポート再提出だけで済むのだけどね。ただ、「この科目は必ず取る」と決めていたものの1つなので、単修合格までがんばります。

 

また、「前期でリポート単修を終わらせる」と吹いてましたが、こんな調子ですので後ろ倒しになるかと思います。

 

卒業できるのかねぇ……。

成績更新(17/6/1)

成績更新は単修登録。

 

ただし、問題冊子回収用科目なため棄権のつもり。まぁ、今やってるリポートの進み具合によっては解いてしまうかも知れないし、また今回棄権しても卒業までにカタをつけますよ(卒業単位にはならないが)。